INTERCONNECT

光集積回路設計・解析環境

INTERCONNECTは、フォトニック集積回路シミュレータで、マルチモード、双方向、マルチチャネルのPICを検証します。階層型の回路図エディタでプロジェクトを作成し、豊富なプリミティブ・エレメントのライブラリやファウンドリ固有のPDKエレメントを使用して、タイム・ドメインまたは周波数ドメインで解析を行うことができます。

主な応用:

  • 光トランシーバー
  • WDMシステム
  • 高度な変調フォーマット
  • 変調器
  • 複雑な光ファイバ
  • 光スイッチ
  • 小型モデルライブラリ開発
  • レーザーモデリング
  • 光ファイバーとEDFAにおける光の伝搬
  • 信号処理
  • センサー
  • LiDAR

階層的回路編集

  • 光集積回路の階層的設計
  • GUIとスクリプト・インターフェース
  • MATLABとの相互操作

回路ソルバー

  • 時間領域解析
  • 周波数領域解析
  • 双方向信号伝搬
  • 多重モード
  • 混合信号表現
  • SPICEインターフェース

視覚化とデータ解析

  • 設計最適化フレームワーク
  • 統計学的分析
  • パラメータ・スイープ
  • 歩留まり解析

PIC要素部品の豊富なライブラリ

  • 受動・能動オプトエレクトロニクスビルディング・ブロック
    光源と測定要素
  • ファウンドリ較正されたモデル・ライブラリ
  • PDK開発用Lumerical Compact Model Library

統計分析

  • プロセスのばらつきを考慮して回路の性能や歩留まりを評価するモンテカルロ解析
  • プロセスのばらつきが回路性能に及ぼす影響をモデル化するためのコーナー解析

業界をリードするフォトニクスシミュレーションソフトウェア

ANSYS LUMERICALは、高性能なフォトニック・シミュレーション・ソフトウェアを設計者に提供することで、未来のテクノロジーに大きく貢献し続けています。
Ansys Lumerical は、フォトニックデバイス、回路、システムの設計に特化したシミュレーション環境を研究者やエンジニアに提供しており、データコム、LiDAR、AR/VR、センシング、デジタルイメージング、プラズモニクス、太陽エネルギー、量子コンピューティングなど、フォトニックサイエンスや材料加工の先端分野に応用されています。
2003年の設立以来、Ansys Lumericalはフォトニックシミュレーションのリーダーとなっています。 また、Times Higher Education World University Rankingsでは、上位50の研究大学のうち47校に選ばれています。14,500以上の科学雑誌や特許に引用されているAnsys Lumericalは、フォトニクス界で最も広く引用されているツールの1つです。