MQW

量子井戸ゲインシミュレータ

Lumerical MQWは、原子的に薄い半導体層の量子力学的挙動をシミュレートし、エンジニアが多重量子井戸構造のバンド構造、ゲイン、自然放出を正確に特性化できるようにします。レーザー、SOA、電気吸収変調器、またはその他のゲイン駆動型アクティブフォトニックデバイスを設計する場合、Lumerical MQWは成功を確実にするために必要な深い物理的洞察を提供します。

Lumerical MQWは、フォトニクス設計者向けに設計された世界初のマルチフィジックス・スイートであるAnsys社のLumerical DEVICE Multiphysics Simulation Suite内のシミュレータです。 DEVICE Suiteを使用すると、光学的、電子的、および熱的現象の複雑な相互作用が重要になる部品を正確にモデル化できます。

主な応用:

  • 端面発光レーザ
  • VCSELs
  • 電界吸収型光変調器
  • 半導体光増幅器

量子井戸ゲイン

  • k.p法を用いた完全結合量子力学的バンド構造計算
  • 波動関数とバンド図の計算
  • ゲインと自然放出
  • 温度、電界、およびひずみの影響を組み込みます

集積レーザーシミュレーション

  • TWLMの主要なパラメーターをシミュレートおよび抽出します
  • チューニングと外部フィードバック効果を組み込んだ洗練されたレーザーモデルを構築する
  • 閾値ゲイン、レージングスペクトル、サイドモード抑圧比、I-L特性、ターンオン、変調応答など、定常状態および過渡状態のレーザー性能を特徴付けます
  • INTERCONNECTおよびLaser Element Libraryのライセンスが必要です

包括的な材料モデル

  • 一般的なIII-V半導体を備えた材料ライブラリが含まれています
  • フラクショナル半導体合金(例:InGaAsP)のモデルを自動的に構築します
  • スクリプトにアクセス可能でカスタマイズ可能

自動化

  • FDTDは、Lumerical社のスクリプト言語、Automation API、PythonおよびMATLAB APIを介して、すべてのLumerical社のツールと相互運用
  • 複数のツール間でシミュレーションを構築、実行、制御
  • MATLABでデータを後処理する前に、単一のファイルを使用して光学、熱、および電気のシミュレーションを実行

その他のリソース

業界をリードするフォトニクスシミュレーションソフトウェア

ANSYS LUMERICALは、高性能なフォトニック・シミュレーション・ソフトウェアを設計者に提供することで、未来のテクノロジーに大きく貢献し続けています。
Ansys Lumerical は、フォトニックデバイス、回路、システムの設計に特化したシミュレーション環境を研究者やエンジニアに提供しており、データコム、LiDAR、AR/VR、センシング、デジタルイメージング、プラズモニクス、太陽エネルギー、量子コンピューティングなど、フォトニックサイエンスや材料加工の先端分野に応用されています。
2003年の設立以来、Ansys Lumericalはフォトニックシミュレーションのリーダーとなっています。 また、Times Higher Education World University Rankingsでは、上位50の研究大学のうち47校に選ばれています。14,500以上の科学雑誌や特許に引用されているAnsys Lumericalは、フォトニクス界で最も広く引用されているツールの1つです。