PHOTONIC VERILOG-A プラットフォーム

PICシミュレーション用ランタイムライブラリとユーティリティ

Ansys社 Lumerical Photonic Verilog-A Platformは、業界をリードするEDAシミュレータと併用することで、マルチモード、マルチチャネル、双方向のフォトニック回路のモデリングを可能にし、エレクトロニック・フォトニック統合システムの設計と実装を促進します。

VERILOG-Aによるフォトニクスのモデリング

  • 双方向性の光学ポート
  • CML Compilerによるモデル生成でスケーラブルな光チャネルとモードを実現
  • 光接続用の光バスがなく、回路図とレイアウトの整合性が保たれる

主な特徴

  • CML Compilerによるバージョン管理されたモデルの自動生成と再現性の向上
  • CML暗号化によるIP保護の提供
  • CWレーザー、導波路、光位相シフター、光検出器、光NポートSパラメータ素子など、さまざまな固定モデルやパラメータ化されたフォトニックモデルが用意されています

カスタムモデルの作成

  • CML CompilerによるVerilog-Aモデルの生成
  • Lumerical社のVerilog-Aモデルをプロダクション・ファウンドリーのPDKから取得(近日公開予定)
  • Lumerical社のVerilog-AランタイムAPIに基づいて、独自のカスタムVerilog-Aモデルを構築

VERILOG-A VS. INTERCONNECT

  • Lumerical社のVerilog-Aモデルは、コンポーネントの動作を正確に表現しており、CML Compilerを使用して同じデータソースから生成されたINTERCONNECTモデルとの一貫性があります。
  • どちらのアプローチも、アプリケーションやシミュレーションの要件に応じて固有の利点があります。Verilog-Aモデルは、EDAシミュレータの多くの組み込み解析(例:AC解析、ノイズ解析)や高度な機能(例:可変タイムステッピング)を活用することができます。一方、INTERCONNECTはフォトニクス専用のクラス最高のシミュレータであり、双方向、マルチモード、マルチバンドのシミュレーションを自然に行うことができます。
  • 設計の段階によって、どちらか一方、または両方のアプローチが必要になりますが、用途に応じて最適なものを選ぶことが成功の鍵です。

業界をリードするフォトニクスシミュレーションソフトウェア

ANSYS LUMERICALは、高性能なフォトニック・シミュレーション・ソフトウェアを設計者に提供することで、未来のテクノロジーに大きく貢献し続けています。
Ansys Lumerical は、フォトニックデバイス、回路、システムの設計に特化したシミュレーション環境を研究者やエンジニアに提供しており、データコム、LiDAR、AR/VR、センシング、デジタルイメージング、プラズモニクス、太陽エネルギー、量子コンピューティングなど、フォトニックサイエンスや材料加工の先端分野に応用されています。
2003年の設立以来、Ansys Lumericalはフォトニックシミュレーションのリーダーとなっています。 また、Times Higher Education World University Rankingsでは、上位50の研究大学のうち47校に選ばれています。14,500以上の科学雑誌や特許に引用されているAnsys Lumericalは、フォトニクス界で最も広く引用されているツールの1つです。