FEEM

導波路シミュレータ

Lumerical FEEMは、固有モード法に基づく有限要素マクスウェルのソルバーを使用して、優れた精度とパフォーマンスのスケーリングを提供します。材料に適応する有限要素メッシュと高次の多項式基底関数の使用により、Lumerical FEEMは複雑な形状や材料の導波路モードの高精度な解析に最適です。

Lumerical FEEMは、フォトニクス設計者向けに設計された世界初のマルチフィジックス・スイートであるAnsys社のLumerical DEVICE Multiphysics Simulation Suite内のシミュレータです。 DEVICE Suiteを使用すると、光学的、電子的、および熱的現象の複雑な相互作用が重要になる部品を正確にモデル化できます。

主な応用:

  • 熱導波路チューニング
  • 受動的な導波路とファイバ
  • 変調器
  • フォトニック結晶ファイバ
  • 勾配屈折率ファイバ

有限要素固有モードソルバー

  • 湾曲した導波路形状の正確な結果
  • 高次メッシュ多項式による優れたパフォーマンススケーリング
  • 電気光学および熱光学モデリングを容易にするための空間的に変化する屈折率摂動
  • WG熱感度分析、変調器、フォトニック結晶ファイバ、およびGRINに最適
FEEM

高度に統合された相互運用可能なソルバー

  • 自己無撞着な電荷と熱輸送のシミュレーション
  • マルチフィジックスシミュレーションを実行
    • 太陽光発電(FDTD / DGTD、CHARGE & HEAT)
    • E電気光学(CHARGE&FDTD / DGTD / FDE)

有限要素IDE

  • 1D、2Dまたは3Dモデルを設定
  • STL、GDSIIまたはSTEPインポート
  • シミュレーションオブジェクトのパラメータ化
  • プロパティの定義を容易にするドメインパーティションソリッド
  • ジオメトリにリンクされたソースとモニター
  • 形状、材料、ドーピング、屈折率、光または熱の発生に基づいた自動メッシュ絞り込み

総合的な材料モデル

  • 柔軟なビジュアルデータベース
  • 数の係数を持つ広帯域光学材料モデル
  • スクリプト可能なマテリアル・プロパティ

自動化

  • FDTDは、Lumerical社のスクリプト言語、Automation API、PythonおよびMATLAB APIを介して、すべてのLumerical社のツールと相互運用
  • 複数のツール間でシミュレーションを構築、実行、制御
  • MATLABでデータを後処理する前に、単一のファイルを使用して光学、熱、および電気のシミュレーションを実行

業界をリードするフォトニクスシミュレーションソフトウェア

ANSYS LUMERICALは、高性能なフォトニック・シミュレーション・ソフトウェアを設計者に提供することで、未来のテクノロジーに大きく貢献し続けています。
Ansys Lumerical は、フォトニックデバイス、回路、システムの設計に特化したシミュレーション環境を研究者やエンジニアに提供しており、データコム、LiDAR、AR/VR、センシング、デジタルイメージング、プラズモニクス、太陽エネルギー、量子コンピューティングなど、フォトニックサイエンスや材料加工の先端分野に応用されています。
2003年の設立以来、Ansys Lumericalはフォトニックシミュレーションのリーダーとなっています。 また、Times Higher Education World University Rankingsでは、上位50の研究大学のうち47校に選ばれています。14,500以上の科学雑誌や特許に引用されているAnsys Lumericalは、フォトニクス界で最も広く引用されているツールの1つです。