リソース

ホワイトペーパー

FDTD法とEME法の比較

光集積回路(PIC:Photonic Integrated Circuit)デバイスの特徴であるサブ波長ナノ構造と大型デバイス形状の組み合わせは、シミュレーションツールにとって深刻な問題であり、設計者は精度と計算時間の間で望ましくないトレードオフを迫られることがよくある。広帯域、双方向、または無指向性の伝搬が必要な場合も、さらなる課題となる。この記事では、複数の光学ソルバを組み合わせてこれらの課題に対処する方法を紹介する。

ブログ

一般的な FDTD トラブルシューティングのヒントとコツ

FDTD のシミュレーションを設定して実行する際に,不正確であると思われる予期しない結果が得られるのは,珍しいことではありません。これらの予期しない結果は,物理的にあり得ないものや (伝送結果が 1 より大きいなど),他のソース (論文や他のシミュレーションなど) の結果と異なることがあります。これは,シミュレーションの設定において,誤りがあることを示している可能性があります。

Ansys Lumerical FDTD シミュレーションの主な設定

この記事では、FDTD シミュレーションにおいて、見落としがちな設定や不適切な設定についてご紹介します。まず、シミュレーションを設定する際に参照することができるチェックリストを提供します。その後、チェックリストの各ポイン […]