STACK

光学多層シミュレータ

Lumerical STACKは、反射防止コーティング、フィルター、OLED、VCSELなどの薄膜多層スタックの迅速な分析に理想的なソリューションです。分析手法を利用することにより、STACKはマクスウェルの方程式の直接シミュレーションよりもかなり高速です。平面波照明とダイポール照明の両方で干渉とマイクロキャビティ効果を正確にキャプチャするために、さまざまな機能を利用できます。

STACKは、フォトニクス設計者向けに設計された世界初のマルチフィジックススイートであるAnsys社のDEVICE Multiphysics Simulation Suite内のソルバーです。 DEVICE Suiteを使用すると、光学的、電子的、および熱的現象の複雑な相互作用が重要になる部品を正確にモデル化できます。

主な応用:

  • 薄膜多層
  • VCSELs
  • OLEDs
  • 反射防止膜
  • マイクロキャビティ

スタック分析ソルバー

  • マクスウェルの方程式の直接シミュレーションよりも高速
  • 薄膜用途のラピッドプロトタイピングに最適
  • 平面波照明とダイポール照明の両方で利用可能な機能
  • 干渉とマイクロキャビティ効果をキャプチャします

自動化

  • FDTDは、Lumerical社のスクリプト言語、Automation API、PythonおよびMATLAB APIを介して、すべてのLumerical社のツールと相互運用
  • 複数のツール間でシミュレーションを構築、実行、制御
  • MATLABでデータを後処理する前に、単一のファイルを使用して光学、熱、および電気のシミュレーションを実行

業界をリードするフォトニクスシミュレーションソフトウェア

ANSYS LUMERICALは、高性能なフォトニック・シミュレーション・ソフトウェアを設計者に提供することで、未来のテクノロジーに大きく貢献し続けています。
Ansys Lumerical は、フォトニックデバイス、回路、システムの設計に特化したシミュレーション環境を研究者やエンジニアに提供しており、データコム、LiDAR、AR/VR、センシング、デジタルイメージング、プラズモニクス、太陽エネルギー、量子コンピューティングなど、フォトニックサイエンスや材料加工の先端分野に応用されています。
2003年の設立以来、Ansys Lumericalはフォトニックシミュレーションのリーダーとなっています。 また、Times Higher Education World University Rankingsでは、上位50の研究大学のうち47校に選ばれています。14,500以上の科学雑誌や特許に引用されているAnsys Lumericalは、フォトニクス界で最も広く引用されているツールの1つです。